« ラーメンvs カレー | トップページ | ピーナツには赤ワイン »

2012年6月 7日 (木)

踊る阿呆に見る阿呆

 ああ、良い季節。半袖で飛び回るには最適の季節ですよね。
 今のうちに、そう梅雨に突入する前に、大いにスポーツをしておきたいものです。
 
 え〜、私はですねえ、昔、と言ってもつい25年ほど前(十分に昔だよ)の話なのですが、週末の最大の楽しみはテニスでした。
 まだ落語家になる、ずっと前のことですが、とにかく空いた時間の使い方の最優先は、もう何が何でもテニスだったのです。

 ところが、何やかやとテニスをする時間がどんどんなくなり、いつのまにかコートに立つこともなくなったある日、恐ろしいことに気が付いたのです。
 な、なんと、太ももが細くなっていたのです。ショッックでした。
 「これが俺の脚なのか」って。

 もっとショックだったのは、脚が細くなったかわりに、腹囲だけは、きっちり太っていました。
 そしてそれから、随分長い時間が経ちましたが、この傾向は一向に改善されることなく、運動不足のまま時はどんどん過ぎて行くのであります。

 まあ、私のことはともかくとして、歳を取れば取るほど、運動はした方が良いのですよ。
 「お前に言われたくない」、ごもっともです。

 でも、この際だから、言わせて頂戴。
 今や、40歳以上の約3割が糖尿病かあるいは糖尿病予備軍だということをご存知でしたか。

 歳を取るほど、糖尿病になり易い。その原因の一つは、何と、加齢。歳を取ること自体が、糖尿病の大きなリスクになるのです。
  理由はいろいろあるのですが、筋肉量が減って、内臓脂肪が増えるという、加齢に伴う変化が大きな原因になっているのは確かな事実。

 じつは、血糖の80%以上は、筋肉(骨格筋)で消費されます。だから筋肉量を増やすことは、それだけでも糖尿病予防、ひいてはメタボ予防にすごく有効なのです。

 でもね、筋肉量なんて、そう簡単に増えないんです。
 もし筋肉量を増やそうとすると、最大筋力の40%以上の筋力を使わないといけないんですよ。だから、ウォーキング程度じゃ増えやしない。だって、速足で歩いてもせいぜい30%アップなんだから。

 ところで、加齢に伴って減る筋肉と減らない筋肉があるんですね。特に減ってしまう筋肉は、腹筋(大腰筋)、大腿四頭筋、下腿三頭筋。
 いずれも大きな筋肉ですから、できれば、歳を取ったらこの3つの筋肉を重点的に鍛えたい。

 じゃあ、どうすればいいのよ。

 腹筋(大腰筋)は腿を上げる運動、大腿四頭筋は膝の屈伸、下腿三頭筋はつま先立ちで鍛えられます。この3つの運動を同時にやれば良いわけ。

 どうすんのよ・・・・

 簡単です。この全てを一挙にやれる動きがある。
 それは、「阿波踊り」。
 やってみれば、なるほどと納得することでしょう。他にも、炭坑節、どじょうすくい(安来節)なんかも同じかもね。あ、そうそう、フラダンスも良いようです。

 昔から、「踊る阿呆に見る阿呆」と言われてましたが、こうなったら、踊る阿呆になって、メタボ予防といこうじゃありませんか。

 でも考えてみたら、こんなブログをパソコンに向かって書いている運動不足の私が、一番阿呆かもねえ・・・?

« ラーメンvs カレー | トップページ | ピーナツには赤ワイン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 踊る阿呆に見る阿呆:

« ラーメンvs カレー | トップページ | ピーナツには赤ワイン »