« 落語で若くなろう | トップページ | それ魯山人なんですよ »

2013年1月10日 (木)

初笑いのススメ

新年、明けましておめでとうございます。
昨年はいろいろと有り難うございました。らく朝は、これからも次々と新しい挑戦を続けてまいります。
高座で、どんな(不思議な)作品が飛び出すか、今年もお楽しみに。
 
新年早々、電車の中でいろいろな人を見かけました。
初詣に出かけようというお嬢さんでしょうか、晴れ着姿だけはお正月、でもやってることは普段と変わらない。電車の中でお化粧してる。晴れ着を着てまでヤンなっての。
 
化粧が終わると、今度は付けまつ毛。でもね、電車って揺れるのよ。なかなか付かないんだ、所定の位置に。何度もトライしては失敗、そのうちに、まつ毛が付かないで、電車が着いちゃった。
その人、どうしたと思います。付けまつ毛を片手に持ったまま、電車を降りていきました。正月からまあ、何やってんだか。
 
かと思うと、飲み過ぎたんでしょう、酔っぱらって寝てる人もいる。ダラ〜と身体はイカ状態で、手に持った携帯が落ちそうになってる。落ちるかなあ、と楽しみに見てたら、やっぱり落ちた。お年玉ならぬ、落とし携帯。  
 
それにしても、人間も動物もそうだけど、寝てる時って、どうしてああ、ダラ〜となるんでしょうね。もっとも直立不動で寝ても休まらないでしょうね、だからかなあ。
本当はこれ、ちゃんとしたメカニズムがあるんです。
 
じつは、睡眠時の姿勢をコントロールしている物質があるんですね。その名前はセロトニン。このセロトニンが影響している神経があって、これをセロトニン神経っていいます。そしてこのセロトニン神経が分布しているのが、抗重力筋といわれる筋肉です。
抗重力筋とは、重力に対抗して身体を支えている様々な筋肉のことですが、またの名を「姿勢筋肉」ともいいます。
つまり、セロトニンがちゃんと働かないと、これらの姿勢筋肉がだら〜として、イカ状態になるというわけなんですね。
 
人間は(ライオンだってそうだけど)、寝ている時には、このセロトニン神経はお休みして、目が覚めると活発になります。だから睡眠時には、ゆっくりとリラックスして寝られるんですね。だからってね、携帯を落とすほどリラックスしなくても良いと思うけど。
 
ところがこのセロトニン、歳を取ると分泌が減ってしまうんですね。ここで大注目なのが、顔の筋肉もじつは抗重力筋なんですよ。お年寄り特有の、頬やまぶたが垂れ下がった顔は、セロトニン分泌が低下して、抗重力筋の緊張が無くなってきた証拠でもあるのです。
 
さあ、今からでも遅くない。セロトニンの分泌を増やしましょうよ。
セロトニンは、太陽光線に当たる、リズミカルな運動をする、などで分泌が増します。外に出て、太陽の下でウォーキングする(動きがリズミカルだし、それに伴う呼吸もまたリズミカル)だけでも効果があります。
 
そうそう、「笑う」という行為だって、リズミカルな運動なんですよ。セロトニンの低下が「うつ」の原因にもなることは有名、笑うことは、うつ予防にも、若返りにも良いんですね。
 
さあ、初笑いといこうじゃありませんか。初笑いで健康に、そこでおススメなのが、らく朝の健康落語、なあんちゃってね。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
 

« 落語で若くなろう | トップページ | それ魯山人なんですよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初笑いのススメ:

« 落語で若くなろう | トップページ | それ魯山人なんですよ »