« 自分はまだ若いんだ | トップページ | 大口開けてくれる商売 »

2015年4月25日 (土)

やっぱり俺はアルデンテ

数分間、って短いと思いますか、それとも長いですか。私ね、朝のトーストが焼ける間(約3分間ほどでしょうか)、これがもう長くっていつもイライラするんです。オーブントースターの中を覗き込みながら「まだかよ」、そして1分後には「早くしろ」って声をかけたりしてる。これ、朝から身体に悪いよね。
たった1分だって短いようで、レジや信号で待つときは長く感じるもの。時間の長さってじつに主観的なものだから、なかなか正確には分からなかったりします。
ある男が、「私は時計を見ないでも1分間を正確に言い当てます」と、壁の時計を背にして聴衆の前に立つ。さあ、固唾を呑む聴衆。「本当に正確に分かるんだろうか」と、誰しも彼の背後にある時計を凝視しています。そしてきっかり1分後、彼は「1分です」と合図をしました。宣言通り、1秒の狂いもありませんでした。聴衆は関心して大歓声。後で男の知人が聞いてみました。「どうしてぴったり1分が分かったんだい」、すると男は答えました。「簡単だよ、時計を見ていた聴衆の目が、一斉に俺を見たからさ」。
これはある外国の小説での1シーンですが、時間の長さって不思議なものですね。
 
時間が長いか短いかは自分次第、毎日のトレーニング時間だって、長いと思う人も短いと思う人もいるでしょう。「え、トレーニング、いや俺、何もしてないよ。関係ないなこのコラム」って、ちょっと待ってよ。話を聞くだけなら損はないから、最後まで読んでくださいよ。
じつは、これはデンマークのコペンハーゲンで行われた調査なのですが、ジョギングの習慣のある人1,098人と、ジョギングもしないで座ったまま過ごす時間が長い人(もしかして、あなたみたいな方かも)3,950人を、それぞれ12年間追跡調査したんですって。
まあ当然のように、ジョギングしてる人たちの方が健康には良い影響があったわけですが、じつはね、早く走る人たちより、遅い速度でゆっくりジョギングしている人達の死亡率が一番低かったんですって。このゆっくりジョギングの人たちは、何もしてない人たちより、死亡率がなんと70%も低かったんです。だからあ、しゃかりきにやることないんです。
しかも毎日じゃなくて、週に数回、ゆっくりジョギングするのが一番効果があったんですって。もともと、激し過ぎる運動はかえって身体に悪いということは言われていました。ま、スギタルは、ナンとかですよね。え、「杉樽より、檜だ」・・誰が清酒の話をしてんですか。
 
一方、アメリカでの調査ですが、毎日10分間、やはりゆっくりとジョギングするだけで、心臓病のリスクが下がることが分かりました。こちらは毎日という設定ではありますが、でも、10分ですよ。やれそうじゃないの。
トーストが焼ける3分が長いと思う短気な人もいますけど、10分っていうと、ちょうどパスタが茹で上る時間ですよね。どうです、パスタを茹でてる間、お腹をへらすためにジョギングするってのは。これ良いアイデア。でもなあ、うっかり茹で過ぎると事だし、え「俺なら絶対にアルデンテだ」って、たったの10分なんだから、早く切り上げるんじゃないの、まったく。

« 自分はまだ若いんだ | トップページ | 大口開けてくれる商売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279459/59764338

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり俺はアルデンテ:

« 自分はまだ若いんだ | トップページ | 大口開けてくれる商売 »